ニキビを防ぐ5つのポイント

a6
気がつくとできてしまう大人のニキビ。
どうしても気になってしまうし、お化粧映えもしなくなるので気持ちが沈みますよね。
そんな大人ニキビの原因と予防法を紹介しますので、大人ニキビができないお肌を作りましょう。

あらゆる場所に出来るニキビ

頬や鼻・おでこ・口まわり・あごなどニキビは様々な場所に出来ます。
また、出来る場所によって原因や対処法が変わります。
食生活や生活環境・ストレス・冷えなどいろいろな原因が考えられますので、自分に合った対策をしましょう。

頑固なニキビの原因は?

いろいろな部位に出来るニキビですが、特にあごやフェイスラインのニキビは赤く大きく腫れたり、痛かったりしませんか?
治る→出来るの繰り返しでなかなか完治しにくく、それがストレスになってしまったり…
そんな頑固なニキビの原因は何なのでしょうか?
実はあごやフェイスラインに出来るニキビは、ホルモンバランスの乱れから出来る可能性が高いです。
排卵後から月経前にかけて男性ホルモンが崩れやすくなり、それがニキビとなって体の外に出てくるのです。
ホルモンバランスは生活環境の変化や過度なストレス・冷え・睡眠不足・疲れなどにも左右されます。

治し方は様々

・触らないようにする
もし出来てしまったら触らずにお肌を清潔に保つよう心がけてください。
どうしても気になり触りたくなりますが、触ってしまうと菌を移す可能性や刺激を与える恐れがあり、さらに悪化してしまいます。
毎日使うタオルや寝具なども清潔なものを使いましょう。

・スペシャルなスキンケアを
ホルモンバランスの乱れにより、通常に比べてお肌のバリア機能が低下しています。
低刺激な化粧水などに切り替えたり、なるべくお肌に刺激を与えないようにして下さい。そして、いつもよりスキンケアに時間をかけましょう。
たっぷりの泡を顔の上で優しく滑らせるように洗顔をし、角質除去効果のあるふきとり化粧水でケアをしてから、しっかりと内部に入れ込むように保水をしてあげるのがオススメです。
何かを付けるのは抵抗があるかもしれませんが、お肌が乾燥している事により皮脂を出さなくてはいけないという力が働き、余計ニキビが出やすくなってしまうのです。
特に乾燥している背中のニキビは特に厄介。背中ニキビの治し方はこちら。

・医療機関で診てもらう
専門医にニキビの状態を診てもらい相談できるので、自己判断で市販薬を買うより効果的です。
治療には抗生物質などの外用薬から漢方やホルモンなどの内服薬・レーザーなどいろいろな治療法があります。

・内臓を休ませる
胃腸や肝臓の疲れからニキビが出る事も。便秘も大きな原因の一つです。
腸内環境を整えたり、たまには疲れた内臓を休ませてあげる事も大切です。

ニキビ対策5つのポイント

では、治りにくい大人ニキビを予防するにはどうすればいいのでしょう。
実は、体の中からケアする事が大切です。意識してニキビを出さない予防をしましょう。
簡単な5つの対策をご紹介します。

1.生活習慣の見直し

ファーストフード・揚げ物などの油ものや甘いもの・コンビニ食などを控え、野菜や食物繊維・魚を中心とした食事を意識するようにしましょう。
また、十分な睡眠をとる事も大切です。睡眠不足もホルモンバランスが崩れる原因の一つです。なるべく質の良い睡眠をとる為に、自分がリラックスできる環境作りをするのも効果があります。

2.ピル

生理不順やPMS・避妊のイメージがあるピルですが、ホルモンバランスを整えてくれる嬉しいメリットがあります。様々な種類があるので婦人科で相談し処方してもらいましょう。

3.漢方薬

十味排毒湯(じゅうみはいどくとう)

アトピーなどにも処方される代表的な漢方で炎症を抑え、体質を改善してくれる効果があります。

桂枝茯笭丸(けいしぶくりょうがん)

PMSや生理痛・生理不順などの女性の悩みに効果があります。

ドラッグストアなどで販売されている漢方薬は処方薬に比べて効果が弱めなので、医療機関で処方してもらうのがオススメです。効き目には個人差があります。もし、すぐに効かなくても途中で辞めたりせず、医師や薬剤師に相談しましょう。

4.サプリメントやハーブティー

割と手軽ですがこちらも漢方薬同様、効き目には個人差があります。

ネトル(イラクサ)


花粉症のイメージが強いハーブですが、デトックス力が高く血液をキレイにする効果があります。
生理が軽くなる事も!

レッドクローバー(ムラサキツメクサ)

こちらもデトックス効果があり、ホルモンバランスの調整をサポートしてくれる嬉しい効果もあります。大豆とは違うイソフラボン成分が含まれています。

ルイボスティー

体質改善効果が高く、ホルモンバランスを整えてくれる作用があります。
また、美肌やダイエット、アンチエイジングなど女性に嬉しい効能も!ノンカフェインで体にも優しく大人ニキビにも有効です。

漢方薬やサプリメントには、ここで紹介した以外にもたくさんの種類があります。自分の体質に合うものが見つかるといいですね。

5.冷やさないようにする

女性に冷えは大敵です!
体が冷えてしまうと血液がスムーズに流れず、ホルモンバランスも乱れがちです。
冬はもちろんですが、夏でも冷房の当たり過ぎや冷たい飲み物の取り過ぎなどで、結構冷えていることが多いのです。
筋肉をつけたり、薄着に気をつけたり、お風呂や足湯に浸かったり、温かい飲み物を取るなど体の芯を温めるように心がけましょう。リンパマッサージなども効果的です。

最後に

いかがでしたか?
体内に溜まった毒素がニキビとなって現れるので、意識的に溜めないようにする事が大切です。
自分に合った大人ニキビの予防法を見つけて、大人ニキビやニキビ跡とは無縁のお肌を目指しましょう!

事前処理が実は必要です

vio脱毛事前処理として自分で全剃りする必要があります。
ハイジーナにする訳でもなく形を整えるだけであっても全て剃らなくてはいけない理由は、vio脱毛事前処理をきちんと行っていないと毛質が異なり不自然な感じになってしまうからです。
全剃りしていないと当日剃り残しがあると判断されてシェーピング代として別料金が発生してしまうサロンもあるので注意しましょう。
サロンにより異なりますがシェービング代に2000円かかる場合もあります。
<おすすめサイト>
http://xn--vio-li4be9syeu763cretb.com
自分でやるまえにvio脱毛について調べましょう