顎ニキビと粉瘤の違いとは

ニキビとは、毛穴から分泌された皮脂と古い角質などが混ざって詰まったことでできます。白く小さなできものが現れ、痛みのない白ニキビから、炎症を起こして触ると痛みのある赤ニキビ、毛穴が開き汚れが入り込んだ黒ニキビなど、様々な種類があります。皮脂が多く分泌される部位に発生することが多く、顎ニキビは特によく見受けられます。ニキビと非常によく似た症状に粉瘤があり、これはニキビとは違い、肌にできる良性の腫瘍です。触るとしこり状になっていて、サイズは小さいものならニキビ程度ですが、大きくなると10cmや20cmにもなる場合があります。全身にできる可能性があり、ニキビの中では黒ニキビと間違われる可能性が高いのが特徴です。粉瘤はしこりの中心部あたりに、黒ニキビに似た黒色の点が見られる場合が多いからです。中に詰まっているのは古くなった肌の細胞や老廃物で、これらが皮膚の内側にできた袋へと溜まっていき大きくなっていきます。雑菌に感染した場合、炎症を起こして膿が溜まる時もあり、こうなると顎ニキビと粉瘤を見分けるのがさらに難しくなります。皮膚の中にできた袋は表皮のような作りで、これを取り除かない限り、垢がどんどん溜まっていきます。さらに、この袋はニキビのように自然治癒しないため、袋を取り除かない限りは、しこりや化膿を繰り返してしまいます。粉瘤は外科手術で取り除かなければ治らないので、ずっと残るニキビがある場合は病院で医師の診察を受けてみることをおすすめします。