顎ニキビと似た粉瘤は感染するのか

ニキビができるのは、毛穴から分泌される皮脂が過剰に分泌され、毛穴が塞がれてしまうことが原因です。皮脂は皮膚に潤いを与え、外気のダメージから皮膚を守るバリア機能を果たしますが、生活サイクルが不規則だったり、油分の多い食事を摂り過ぎたりすることで、皮脂の分泌が増えてしまうことがあります。
ニキビには様々な種類があり、顎ニキビでは固くしこりを持ったタイプのニキビができやすいという特徴があります。ニキビは内部の角栓や膿を出すことで治りが早くなりますが、爪などで安易に潰してしまうと、毛穴が傷つきニキビ跡ができたり、雑菌に感染して症状が長期化するおそれもあるので注意が必要です。
顎ニキビがなかなか治らない場合、ニキビではなく粉瘤の可能性があります。粉瘤とは良性の腫瘍の一種で、皮膚に皮膚と同様の構造を持つ袋ができてしまい、そこに古い皮膚や垢がたまり、しこりとなります。ニキビとの違いは、しこりの中心あたりに黒い点ができることが多く、黒ニキビと似ています。ニキビと違って自然に治ることはなく、外科手術によって内部の袋を取り出す必要があり、小さいうちに対処を行わないと、粉瘤の袋が徐々に大きくなり、手術で取り除く際に傷痕が残ってしまうおそれがあります。症状が進行する前に取り除けば、傷跡が残らないかほとんど目立たないので、早めに皮膚科で治療を行いましょう。粉瘤ができる原因は未だ解明されていませんが、体質の影響が大きいとされ、感染することはありません。

顎ニキビも粉瘤も炎症になりますが違いがあります

顎ニキビと似ているものと言えば粉瘤があります、どちらも炎症になりますので似ていますがなる原因や対策方法に違いがありますのでどちらかわからない場合は皮膚科に行きましょう。
まず顎ニキビの場合は主に毛穴のつまりなどによりできます。それを汚い手で触る事により炎症になり赤みと熱を持ち痛くなってし舞うのです。不規則な生活や食事の乱れ、適当な洗顔やストレスなどが原因でできます。
生活の改善やビタミン薬、塗り薬などで治療することになるでしょう。
一方粉瘤は最初は色のないしこりのような状態であり手でつかめるのが特徴です、そしてよく見てみると黒い毛穴のようなものが見えます。
何もなければただのしこりでしかありませんが、黴菌が入ってしまいますと炎症を起こしかなり巨大化し親玉のようになります。そして大量に膿が出てしまうのです。
赤みが出た場合はすぐに皮膚科に行き抗生物質を出してもらうようにしましょう、そうすれば一日ほどで鎮静します。そのまま放置していてもいずれは沈静化するのですが痛みが生じますし色素沈着することが多いので早めに解決したほうがいいでしょう。
粉瘤は根本的に解決しようと思えば皮膚科で切開手術をしなければいけません。傷が残ることもありますのでよほどの問題がない限りは抗生物質で症状をおさえるだけになります。その後も完全にしこりがなくならず粉瘤は残りますが、触らなければ問題はありませんのでもしも見つけたとしても触れないようにしてください。

顎ニキビと粉瘤の違いとは

ニキビとは、毛穴から分泌された皮脂と古い角質などが混ざって詰まったことでできます。白く小さなできものが現れ、痛みのない白ニキビから、炎症を起こして触ると痛みのある赤ニキビ、毛穴が開き汚れが入り込んだ黒ニキビなど、様々な種類があります。皮脂が多く分泌される部位に発生することが多く、顎ニキビは特によく見受けられます。ニキビと非常によく似た症状に粉瘤があり、これはニキビとは違い、肌にできる良性の腫瘍です。触るとしこり状になっていて、サイズは小さいものならニキビ程度ですが、大きくなると10cmや20cmにもなる場合があります。全身にできる可能性があり、ニキビの中では黒ニキビと間違われる可能性が高いのが特徴です。粉瘤はしこりの中心部あたりに、黒ニキビに似た黒色の点が見られる場合が多いからです。中に詰まっているのは古くなった肌の細胞や老廃物で、これらが皮膚の内側にできた袋へと溜まっていき大きくなっていきます。雑菌に感染した場合、炎症を起こして膿が溜まる時もあり、こうなると顎ニキビと粉瘤を見分けるのがさらに難しくなります。皮膚の中にできた袋は表皮のような作りで、これを取り除かない限り、垢がどんどん溜まっていきます。さらに、この袋はニキビのように自然治癒しないため、袋を取り除かない限りは、しこりや化膿を繰り返してしまいます。粉瘤は外科手術で取り除かなければ治らないので、ずっと残るニキビがある場合は病院で医師の診察を受けてみることをおすすめします。