顎ニキビと似た粉瘤は感染するのか

ニキビができるのは、毛穴から分泌される皮脂が過剰に分泌され、毛穴が塞がれてしまうことが原因です。皮脂は皮膚に潤いを与え、外気のダメージから皮膚を守るバリア機能を果たしますが、生活サイクルが不規則だったり、油分の多い食事を摂り過ぎたりすることで、皮脂の分泌が増えてしまうことがあります。
ニキビには様々な種類があり、顎ニキビでは固くしこりを持ったタイプのニキビができやすいという特徴があります。ニキビは内部の角栓や膿を出すことで治りが早くなりますが、爪などで安易に潰してしまうと、毛穴が傷つきニキビ跡ができたり、雑菌に感染して症状が長期化するおそれもあるので注意が必要です。
顎ニキビがなかなか治らない場合、ニキビではなく粉瘤の可能性があります。粉瘤とは良性の腫瘍の一種で、皮膚に皮膚と同様の構造を持つ袋ができてしまい、そこに古い皮膚や垢がたまり、しこりとなります。ニキビとの違いは、しこりの中心あたりに黒い点ができることが多く、黒ニキビと似ています。ニキビと違って自然に治ることはなく、外科手術によって内部の袋を取り出す必要があり、小さいうちに対処を行わないと、粉瘤の袋が徐々に大きくなり、手術で取り除く際に傷痕が残ってしまうおそれがあります。症状が進行する前に取り除けば、傷跡が残らないかほとんど目立たないので、早めに皮膚科で治療を行いましょう。粉瘤ができる原因は未だ解明されていませんが、体質の影響が大きいとされ、感染することはありません。